フランス共和国

パリ市

概略

パリ(Paris)は、フランス北東部に立地するフランスの首都。
セーヌ川に浮かぶシテ島に紀元前から集落が築かれていた。
508年にフランク族のクロヴィスがパリにフランク王国の首都を置いた。
987年にはパリを首都とするカペー朝が成立。
以後、ヴァロア朝、ブルボン朝の時代を経て、パリは徐々に発展していく。
フランス革命、ナポレオン朝、パリ講和会議などいくつもの近現代史の舞台となった。
現在ではフランスのみならずヨーロッパの中心都市の一つとして発展。
多くの文学作品や絵画、映画に描かれ、音楽で歌われた、世界でも有数の観光都市でもある。
面積・105.40平方キロ 人口・約217万人(2007年)
日本からは東京、大阪、名古屋から航空直行便が就航している。


パリ中心部外略図


注・あくまで略図であり、実際の地形とは異なる部分もあります


パリ都市景観画像集

1.凱旋門・シャンゼリゼ通り周辺
2.オペラ座周辺
3.マレ
4.モンパルナス〜サンジェルマン・デ・プレ〜カルチエ・ラタン
5.シテ島〜サン・ルイ島
6.モンマルトル〜北駅、東駅
7.パッシー
8.ラ・デファンス
9.パリ遠景画像


トップページに戻る