アメリカ合衆国

ニューヨーク市

概略

ニューヨーク(New York)はアメリカ合衆国北東部に立地する同国最大の都市。
1524年にイタリア人の探検家ジョバンニ・ベラツアーノが西洋人として初めてマンハッタン島に到着。
当時はインディアンが5,000人ほど住む集落だった。
1609年にオランダ東インド会社に雇われた英国人のヘンリー・ハドソンが同地を探検し、インディアンと交易を開始する。
1626年、オランダがインディアンから同地を60ギルダーで買収し、ニューアムステルダムと名付ける。
1664年にイギリスが占領。当時の英国王ジェームズ2世(ヨーク公)にちなみ、ニューヨークと改称される。
イギリスの支配下でニューヨークは貿易港として地位を高め、発展していく。
1775年から始まったアメリカ独立戦争ではニューヨークでも大規模な戦闘がいくつか繰り広げられた。
1783年の独立後、ニューヨークに首都が置かれる(1790年にワシントンに移転)。
1790年には全米第一の人口を抱える都市に成長、19世紀前半には全米第一の経済都市としての地位を確立する。
1865年の南北戦争終結後、1873年にセントラルパーク、1883年にブルックリン橋、1886年に自由の女神がそれぞれ完成。
20世紀になると、「摩天楼」と呼ばれる高層ビル群が形成される。1931年にエンパイア・ステート・ビルが完成。
第二次世界大戦後は、世界都市としての地位を確立する。1950年に国連ビルが完成。
2001年にはアメリカ同時多発テロに見舞われる。
現在では多くのグローバル企業の本社が置かれるアメリカはもとより、世界屈指の経済都市として発展している。
数多くの映画、音楽、絵画、文学に描かれ、ファッション、ミュージカルなどを発信し続ける世界有数の文化都市でもある。
面積・468.9平方キロ 人口・8,244,910人(2011年7月)
2012年7月現在、日本からは東京と大阪から直行便が運行されている。

ニューヨーク中心部概略図

注・あくまで概略図であり、実際の地形とは異なる部分もあります。


ニューヨーク都市景観画像集

1.ロウアー・マンハッタン
2.ソーホー
3.ウエスト・ヴィレッジ
4.チャイナ・タウン&リトル・イタリー
5.チェルシー
6.グラマシー〜ミッドタウン・サウス
7.タイムズスクエア
8.五番街
9.ハーレム
10.ニューヨーク遠景画像

トップページに戻る